ウェブ制作で気をつけるべきこと&やっておくべきこと


ウェブ制作で気をつけるべきこと

ホームページを作成するなどウェブ制作を始めることは、無料のものも含めて様々なツールがありますから、以前より随分とハードルが低くなってきています。中にはプログラミングの知識を全く必要としないウェブ制作ツールもありますから、誰でも気軽にウェブ制作を楽しむことができます。しかし手軽だからこそ気をつけなくてはいけないことがあります。とくに商用のサイトを作成するならモバイル対応のサイトを作ることは必須条件です。

検索上位にランクされるサイトは例外なくモバイルフレンドリーに対応しています。モバイルフレンドリーとはスマートフォンなどの携帯端末でサイトを閲覧したときでも見やすくレイアウトされていたり、タップやスワイプといったスマートフォン独特の操作方法にも対応しているサイトのことです。スマートフォンでサイトを見てもPCと同じサイトが表示されてしまっては、ユーザー側の利便性を考えていないということで低評価を受けてしまいます。

ウェブ制作でやっておくべきこと

せっかくモバイルフレンドリーのサイトを作っても、今ひとつサイトへのアクセス数が伸びないことがあります。そんなときは表示速度を気にしてみましょう。ついつい凝ったサイトを作成しがちですが、あまりにも凝っていると読み込みに時間がかかります。写真や動画、CSSなどを多用しすぎると、その分だけデータ容量が大きくなり、結果としてページが表示されるまでに時間がかかってしまいます。

せっかくユーザーがサイトをみようと思っても、時間がかかるとあっという間に離脱されてしまいます。写真や動画は圧縮するなど、データを軽くする工夫を施すと流入数が伸びる傾向にあります。

コーディングとはプログラムを作成する工程の中の1部で、設計書の要求する動作をプログラミング言語を使いソースコードとよばれる特定コードを記述する作業だけを指します。